<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 29日
今年もお世話になりました
c0057440_1043631.jpgThe Feeling/Love It When You Call[7"]

 今年も残すところ3日となりましたが、思い返すと楽しい1年でした。7インチをどっさり買って(本当にどっさり買ってる人たちにはかないませんが)、たくさんのいい曲に出会えました。いろいろなタイプのバンドが出てきたけど、僕が好きなのはメロディがよくて、どこかにユーモアがあるバンドということで、アルバム買ってなかったところに、ほとんど期待せずに拾ったThe Feelingのこの曲には、かなりやっつけられました。来年も、今年のこの楽しさが続いてほしいものです。
 で、drop恒例の年越しパーティなんですけど、club heavenとしては(たぶん)最後の奉公となります。しかも、カウントダウンを担当することになりました。僕は2006というクレジットの入った7インチしか持っていかないつもり。純度100%の選曲で2006年を振り返りつつ、新しい年を祝いたいと思います。そして、メッキーはカウントダウンに間に合ってくれるのか!? とにかく、大晦日にdropでお会いしましょう。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-12-29 10:57 | new
2006年 12月 20日
club heaven
club heaven、吉祥寺のdropでのマンスリーイベントの終了。

ラストナイトはたくさんのclub heaven大好きなみんなが集まってくれて、大変感謝しています。あらためて思うのはみんなに愛されていたんだということ。けっしてウマくはなく、まったく進歩もしていない3人組のclub heavenチーム。

dropに移れて本当によかったです。榎本さん、田嶋さん感謝です。

始めた頃は六本木のキャラメルというおよそ、ギターポップイベントをやるにはあまりにも遠い場所で好き勝手にやってたもんなあ。

だって当時かっこいいイベントがこれでもか!っていうくらい、いっぱいあって、いろんなイベントに顔をだしては、フライヤーくばりまくって、だけど一番感じたのはclub heavenが最高ってこと。どのイベントにも負けないくらい楽しいくてバカになれて、気持ちよく酔っ払えて。

お客さんの楽しんでる顔!好きです。11年はあっという間でした。
またみんなと再会できることを楽しみにしています。

もちろんレコードは買い続けますよ!なにこのバンド?なにこの曲!っていう素敵な曲をいっぱい見つけて帰ってきます。

最後にラストの1時から2時ころ廻している時に涙が止まらなくなっちゃって、ブースの向こうでのみんなの「メキシコ!泣くな!」だったり『メッキー!」っていう声、声援!一生忘れません。

メキシコ
[PR]

by clubheaven | 2006-12-20 01:36 | Event
2006年 12月 11日
最後のSecond Saturday
c0057440_1455344.jpgPet Shop Boys/Always On My Mind

 マンスリー最後のheaven、終わりました。まずは、遊びに来てくれたみなさんに、心から「ありがとう」と言いたいです。普段から、heavenがみんなに愛されている幸せは感じていたけど、今回ほどそれが爆発的に現出したことは、過去、なかったのではないかと思います。11年半という長い月日の中で、遊びに来てくれる顔ぶれは少しずつ変わっていったけど、どの年もheavenが楽しくて、明るくて、おバカなことは不変でした。そして、その締めとして、昨日の夜、dropにいた全てのみんなに感謝です。今、これを書いているのは日曜の深夜25時なんだけど、24時間前にあったことが、夢のように感じられます。

 で、長い間一緒にやって来たメッキーとソウマくんにも、たくさんの感謝の気持ちがあるんだけど、それを書き出すと長くなってしまうので、ここでは書きません。あと、イベントとしての反省点も、もやもやと心の中に渦巻いているんだけど、それを書くのも野暮なので割愛します。メッキーの感極まった姿は、もうミスとかそんな次元のことではないということで、ご容赦を。

 とにかく言いたいことは、みんなのheavenへの思いがすごく嬉しかったということ。長い間、毎月遊びに来てくれた人たちはもちろん、昨日初めて遊びに来て、「もっと早くから来てればよかった」と言ってくれた人まで、2006年12月9日の午後11時から12月10日の午前5時までの時間を僕ら3人と共有してくれた人は、照れずに書いてしまえば、“人生の同志”です。僕がそうであるように、棺桶に入るまでこの日の記憶を持っていってくれたら嬉しいなと。

 まあ、その前に、再びみんなの前に現れることになると思いますけどね。

 じゃあ、選曲のことなど。僕は最後ということで、プレイリストをメモしていたんだけど、どうやら帰り際になくしてしまったみたいです。だから記憶で書くしかないんだけど、今回はとにかく自分の血となり肉となっている曲だけを回そうと思ってました。特に重要だったのは、beat happeningの"Red Head Walking"から始めた午前2時からのセット。このセットの特に前半部分の曲は、体がやせ細って骨と皮だけになった時に、最後の肉として僕の身についているだろう曲たちです。

 んで、僕のラストは、Pet Shop Boysの"Always On My Mind"。この曲を最後にかけるということだけは、最初から決めてました。美しいメロディに乗った心と心の繋がりみたいなものを、みんなに届けたかった。heavenではなじみが深い曲ではないんですけど、あの曲が流れているマンスリーheavenのラスト1時間をみんなに体験してほしかったのです。(情けないことにベスト盤しか持ってないので、そこからのプレイでしたが……)

 ソウマくんとメッキーも、それぞれ自分の血肉となっている曲をガンガン回してくれました。それぞれのセレクトの感想は、二人がブログにアップしてくれるのを待とうと思います(と書いてアップしようと思ったら、ソウマくんが先に感想をアップしてました↓)。メッキーも今回くらいは、このブログに文章を書きたまえよ。

 あ、heavenは完全な終わりではないので、このブログも続きます。新譜も当然買い続けるし、これからもよろしくお願いします。(スズキ)
[PR]

by clubheaven | 2006-12-11 01:57 | Event
2006年 12月 11日
本当に、本当にありがとう
c0057440_0125297.jpg ども、gakus(ソウマ)です。マンスリー・オーラスのCLUB HEAVENに遊びにきてくれた皆様ありがとうございました。

 フロアの音を途切れさせてしまうのはDJなら絶対にやってはいけないこととわかってはいるけれど、あのときのメッキーの気持ちは自分も一緒でした。いつも最高の瞬間を作り出してくれた皆との場と、しばらくお別をしなければいけないのは悲しいことでした。11年やってきたにもかかわらず最後まで未熟なままのイベントでしたが、それでも温かく見守ってくれ、また盛り上がってくれたフロアの方々に、ただただ感謝するばかりです。本当に、本当にありがとうございました。

 また、客足が落ちたときも見捨てず、いつもやりやすい環境を提供してくれたbar-dropのエノモトさん、タジマさん、他スタッフの方々に深く感謝します。CLUB HEAVENは大晦日恒例のdropの年越しイベントに参加します(私は欠席ですが…)ので、こちらもぜひ遊びに来てください。

 スズキさんの昨夜の名言“俺たちは若い! そして、バカだ”に影響されたわけではないけれど、最後にかけたUNDERTONES『TEENAGE KICKS』収録のファーストのジャケを乗っけました。
[PR]

by clubheaven | 2006-12-11 00:16 | Event
2006年 12月 09日
もうすぐです!
c0057440_19233912.jpg ども、gakusです。あいにくの雨となりましたが、今夜はマンスリー最後のヘブンです。ささやかではありますが、ヘブン特製トートバッグと2CDRのプレゼントを用意してお待ちしております。(どちらも一応、数量限定)

 で、今、選曲も佳境なんだけど、あれもこれもかけたい曲が多すぎて、頭がパニックしてます。改めて振り返ると、思い出の曲は多いですね。しかし、不思議なことに盛り上がった曲よりも、フロアでドン引きれた曲の方が鮮明に記憶に残っているものなのです。レコードラックを眺めながら、意味もなくしみじみしてしまいました。

 とにかく、デカい音を浴びて気持よく盛り上がればいいな、と。そんなわけで、よろしくお願します!ジャケは7インチ入れに、さっき無造作に突っ込んだ一枚。かけられるかな…。
[PR]

by clubheaven | 2006-12-09 19:24 | Event
2006年 12月 08日
+6で聴いてくれ
c0057440_10162011.jpgCoade/Too Young[7"]

 いよいよ明日、heavenです。昨日はHUBのUK ROCK NIGHTに行って、DJブース前にフライヤー置かせてもらって、何人かに手渡ししてきました。今日は横浜でTHE SUZANも出るReclashがあるけど、自分のイベントの前日なのでちょっとムリです。すんません。
 さて、COADEの話でも。いつの頃からかheavenの締めの曲として定着した"Too Young"ですが、僕がこの曲を最初に聴いたのは、1996年当時、dropの第3土曜のレギュラーイベントだった"Orange Bicycle"ででした。このイベントは、ラフトレードの店員のヤノメくんとかがやってて、ガチャガチャしたインディー臭い音が、他のイベントよりたくさんかかっていました。"Too Young"はコミカルな印象が強くて、最初はそんなにピンとはこなかったんだけど、ある日のheavenでメキシコが持ってきてて「ピッチ+6で回すといいんだよ」と、なかなかに恐ろしいことを言ったのでした。
 でも、たしかにピッチ速くすると踊れる感じになったので、heavenではずっと高速の"Too Young"を回すことになったのでした。COADEのメンバーには申し訳ないけど、極東でひっそりやってることだし、いいかと。
 メキシコの持っていたCOADEの7インチは、他のバンドとのスプリット盤で、僕が欲しいなと思った時にはすでにラフトレ他、都内のレコ屋の店頭にはなく、そんなに執着もなかったので、いつか巡り会えるだろうくらいの気持ちでいました。
 で、しばらく経って、友達と大阪に遊びに行くことになって、タイムボムに入ったら、この曲が店内にかかっていたのです。ハッとして店内を見上げると、壁一面に"Too Young"の7インチが面出しされていたのでした。しかも、スプリット盤ではない、見たこともないジャケットで。
 当然、ゲットしたわけですが、その後、都内のレコ屋でこの盤が売られているのを全く見たことがなくて、あれはなんだったのだろうと。
 そんなこんなで長い間お世話になってきたCOADEなんですが、僕はメンバーの写真を見たこともなければ、他に何をリリースしてるのかも全く知らないのでした。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-12-08 10:44 | recommended
2006年 12月 05日
MATADORってた頃のこと
c0057440_21302666.jpgYo La Tengo/Blue Line Swinger[7"]

 今日、JET SETに行ったら、今週分の7インチ入荷されてたけど、Rosemaryはなかった……。Captain BlackとDustins Bar Mitzvahと、Starkyというバンドの3枚を買ってきたけど、試聴ではかっこよく聞こえたDustins Bar Mitzvahが、家で聴き直すと僕にはちょっと重すぎました。
 じゃ、旧譜の話。僕はheavenが始まる前の90年代前半は、主にアメリカのバンドを聴いてました。地味〜に聴いてました。Yo La Tengoは、今はなき六本木WAVEで出会って、最初はかなり適当な気持ちで買ったんだけど、じわじわと好きになっていったバンドでした。このシングルは、heavenの始まった1995年にリリースされたもので、同じ年に出たアルバム"ELECTR-O-PURA"の中の"Blue Line Swinger"と"Tom Courtenay"が、それぞれバージョン違いで収録されています(アルバムと7インチのどっちが先かは、記憶が定かでない)。
 佐藤くんたちのバンド、Linustateに"Tom Courtenay"と似てるコーラスが入る曲があって、ひそかにYo La Tengoっぽいよな〜と思っていたんだけど、この前のマナマナのイベントで佐藤くん本人が"Tom Courtenay"を回していて、この2曲の繋がりが証明されて、ほくそえんでみたり。で、久々に引っ張り出して聴いてみたんですけど、やっぱりここらへんの音は好きなわけで、あっという間に10年の時を越えて耳になじんでしまったのでした(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-12-05 21:50 | recommended
2006年 12月 05日
愛しのローズマリー
c0057440_4173325.jpg ども、gakusです。下でsuzukiさんが書いているRIPPS、いいですね。バブルガム風であり、ガレージっぽくもあり。ジャケもショボい感じが、これまたよろしい。

 スズキさんと同様、最近かけていないレコが詰まったラックをチェックしつつ選曲を考え、同時に新譜もボツボツ聴いていますが、ROSEMARYの新しいシングル、今回も良かった! A面の『BENJAMIN'S EGO』はヒネクレ・ポップ風で、これはこれで悪くないんだけど、むしろB面の『TURNING BLUE』が最高。一直線の疾走チューンでアッという間の2分10数秒。気張ってるわけではなく、ちょっとユーモラスな雰囲気があるのがミソですね。以下マイスペで視聴可能。

www.myspace.com/rosemarymusic

 それにしてもポンド、高すぎですよ、奥さん! 230円台は間近。これじゃネットで直送買いするより、日本のレコ屋で買った方が安いかも…。
[PR]

by clubheaven | 2006-12-05 04:19 | recommended
2006年 12月 04日
いよいよheaven週
c0057440_1292119.jpgThe Ripps/Vandals[7"]

 昨日はやっと、ヤギハシさんのTINY RECORDSに行くことができました。前に行った時は、2回くらい休店日で。学習能力のなさを露呈しつつすごすご帰ってきてたので。時間なくて、棚を全部見られなかったんですけど、インディーポップへの愛を感じる店でした。
 家ではせっせとheavenの準備を進めています。相変わらず7インチはけっこうな枚数買ってるんだけど、今回のheavenではあんまり出番ないかも。新しい出会いよりも、古くからの付き合いを優先した選曲になるような気がします。よそ様のイベントに行くたびに、僕は次、どうしようかなぁと考えるんだけど、今、頭の中で鳴っているのは、懐かしい音ばかりです。
 と言いつつも、新譜の話なんですが、The Rippsというバンドの7"が、バカな感じでよかった。ウェラー的なドライブ感あるかっこいい曲なんですが、なんか笑えるんですよね。ジャケ見ながら聴くとさらに笑える。好きだなぁ、こういうの。heavenのノリにもぴったり合いそうです。でも、今回は旧譜のヒットナンバー目白押しですけどね。
 今週はさぼり気味なここもせっせと更新していこうかと思います。自分の気持ちを盛り上げるためにもね(スズキ)

あ、Rippsのマイスペのアドレス貼っておきます。
www.myspace.com/theripps
[PR]

by clubheaven | 2006-12-04 12:24 | new


    



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link