<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 13日
ぬるい天国の歩き方
c0057440_105710.jpgLes Incompetents/How It All Went Wrong[7"]

 4月のheaven、来てくれたみなさん、ありがとうございました。僕はWonder Stuffの1stアルバムが大好きで、本当は"It's Yer Money I'm After, Baby"とか、変わった感じの曲をかけたかったんですけど、酔った末に"Unbearable"に落ち着いてしまいました。いかんなぁ。
 新譜方面では、heaven当日(しかも夜の9時過ぎに)買った、Les Incompetentsの"How It All Went Wrong"とか。こういう軽〜くスカっぽい曲は、本当に好きです。Pipettesの新曲はソウマくんが回していたっけ? あと、メキシコがChaletsを7インチで回していて、あ、また僕はヤバイのを買い逃しているよ、と。ソウマくんが下で紹介しているFratellisも欲しい。
 さて、Les Incompetentsですが、ユーモアセンスがあるソングライティングと、隙だらけの演奏が、いかにも好みで、前にも"Reunion"というシングルを出していて、そのB面の"Much Too Much"という曲がこれまた素晴らしいのです。
 彼らの公式サイトwww.lesincompetents.co.ukは、まだ工事中で、ワケわからん状態。その代わり、www.myspace.com/lesincompetentsで、シングル曲聴けます。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-04-13 10:19 | new
2006年 04月 10日
春のヘブンでした
c0057440_422785.jpg ども、gakusです。先週末のヘブンに遊びにきてくれた皆様、ありがとうございました! 最初はノリがつかめず四苦八苦しましたが、後半でなんとか盛り返したかな、と。おかげさまで楽しくプレイできました。感謝。

 今月はDVDでカースティ・マッコールの『NEW ENGLAND』をプレイ。カースティのふっくらしたビジュアルを見せるのどうかな、という迷いもありましたが、笑顔控えめのクールな雰囲気も捨て難く、かけてみました。この他に自分は『YOU JUST HAVEN'T EARNED YET BABY』もプレイ。スズキさんもワンダー・スタッフの『WELCOME TO THE CHEAP SEATS』(KIRSTY参加)をかけていたので、この夜は都合3回カースティのボーカルを聴いたことになる。

 カースティはUKインディーズとのかかわりも深く、夫のスティーブ・リリーホワイトのプロデュース作品を中心に、バックボーカルとして意外なところでちょくちょく声を聞かせています。先のWONDER STUFFの他にヘブンとかぶるところでは、SMITHS『ASK』、HAPPY MONDAYS『HALLELUJA』、TOT TAYLORTHE GIRL WITH EVERYTHING』、MORRISSEY『INTERESTING DRUG』、POGUES『IF I SHOULD FALL FROM GRACE WITH GOD』あたりでしょうか。ピンのシンガーとしても魅力的な人ですが、これらの曲でも清涼剤のような効果を発揮して、曲の印象度を高めています。ホント、大好き。以下のブログにもカースティについて記しているので、ご一読を。
http://d.hatena.ne.jp/gakus/20060409

 で、ジャケはカースティとは何の関係もないTHE FRATILLESの『CREEPING UP THE BACKSTAIRS』。これはヘブン当日に航空便で届いた3曲入り7インチですが、どれもメチャクチャよくて、さっそくタイトル曲をこの夜かけてみました。あと2日早く届いていたら、今月のヘブンCDRに入れられたんだけど…。
[PR]

by clubheaven | 2006-04-10 23:59 | Event
2006年 04月 08日
本日、春のheaven
c0057440_14204749.jpgThe Upper Room/All Over This Town[7"]
仕事に追われて、買ったけど聴いてなかった7インチを、ここのところ、集中的に聴いてます。なんだか知らないけど、最近は7インチを買うのが本当に楽しい。前はこんなじゃなかったんですけどね。
apple crumbleで松本さん大プッシュのThe Upper Roomも、当たりのひとつ。クサイくらいのきれいなメロディで(美メロは行き過ぎるとクサくなる。その一歩手前)、感情こみ上げ系です。こういう曲にピンと来てしまうあたりが、リズム重視の音に行ききれない僕のロック性(サガ)というか。何書いてるか、自分でも分からなくなってきました。
で、今日はheavenです。夕方、結婚パーティに参加の後、もちろん着替えてdrop行きます。幸せ気分をもらってくるし、いよいよ春なので、爽やかな曲をたくさん持っていく予定。よろしくお願いします!(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-04-08 14:20 | new
2006年 04月 07日
昨日より若く
c0057440_6122210.jpg ども、gakusです。先週末、ポール・ウェラーのライブに行ってきました。バンド形態、フルセットで見るのはおそらく6年ぶり。一昨年のロックオデッセイ出演時にはジャムやスタカンの曲もやってたから予想はしていたけれど、今回もJAMの曲を3曲ほどまじえておりました。が、どれも懐メロに響くはずもなく、新曲と並べて遜色なし。『RUNNING ON THE SPOT』なんて、JAMのころよりテンポアップしている! 感性の若々しさや今と向き合う真摯な姿勢は、見習いたい…というか、どうせ中年になるならこうなりたいとつくづく思いました。5月31日にはライブ盤も発売されるとのこと。

 さて、明日はヘブンです。ウェラー師匠はもちろん、モッド関連、ドラマーが急逝してしまったワンダー・スタッフ、来日公演を好評のうちに終えたアークティック・モンキーズをはじめとするメジャーな新顔からこれから伸びそうな新人さん、また、ちょっと珍しいビデオなど、いろいろと鳴らしてみようと思っています。お時間あれば、ぜひ遊びにきてください。
[PR]

by clubheaven | 2006-04-07 23:59 | Event


    



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link