<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 27日
春のオススメ
c0057440_613223.jpg ども、gakusです。どどっと航空便が届いたので、久々に7インチの新譜のレビューなんぞを。

★Sukpatch “Medium Self-Emplyed”
それなりのキャリアがあるシアトルのテクノ風バンド。久々のリリースはなぜか英"もしもし"から。キーボードのリフが頭にこびりつくナイスポップ。メロディーはWeezerにも似た親しみやすさがあり、かなりお気に入り。

★Absentee“Something To Bang”
このバンドはよく知らないけれど、以前からよくレコ屋で見かけて名前は知っていた。ウエストコースト・サウンドっぽい気持ちよさそうなエイトビートに、低音の渋いボーカル。が、ホーンのソウルフルな音色やギターの神経質そうな響きが、いかにもブリティッシュ。これはかっこいいっす。

★Rifles “Repeated Offender”
大傑作の“Local Boy”に続く4枚目のシングルは、モータウン・ビートを疾走させたマイナー調のナンバー。メリハリのあるメロディに、コーラスもバッチリ決まって今回も合格点。正統派ブリディッシュ・ビートの継承者というべき、いかすバンドに育ってきた感があります。

★Sunny Day Sets Fire “Brainless”
ロンドン出身の3人組、デビュー・シングル…との記述がラフトレードのサイトにあり。“脳なし"というタイトルそのままのオポンチ・ポップ。フレンドリーなコーラスもさることながら、とぼけた低音金管楽器もいい味。春だなー、とボケーッと聴きたい一曲。もちろん踊れます。

★The Piggeon Detectives “I'm Not Sorry"
今やUKインディーズの台風の目ともいうべきリーズから、またまたとんでもなくかっこいいバンドが。メロディーもいいし、ギターのリズミカルな響きもよし。サビの部分のぶっきらぼうな盛り上がりもイカすし、タイトルの生意気な感じもイキのよさのあらわれか(ちなみにB面は"I'm Always Right"という、これまた不敵にしてかっこいい曲)。というわけで、掲載ジャケはコレです。
[PR]

by clubheaven | 2006-03-27 12:00 | recommended
2006年 03月 19日
春、か。
c0057440_1363138.jpg ども、gakusです。暖かくなってきました。ヘブンを終えて外に出ると空が白々と明けている。春を実感します。

 あ、もう一週間も経過してしまいましたが、今月もヘブンに遊びにきていただき、ありがとうございました。思い返せば、いつもよりソフトな選曲だったなあ。BUZZCOKSやTOY DOLLS、ASH、最近のではDUSTINS BAR MITZBAHあたりのパンキッシュなナンバーの流れも考えていたけれど、フロアの反応をみて今月は封印しました。スズキさんが下に書いてますが、外国人の方がくれたリクエストがギタポ寄りだったこともあるけれど、まあ春っぽいし、これはこれでいいかな、と。そうそう、コズミック☆エアプレインのライブもよかったー。大好きな音でした。

 さてさて、明日・20日は我らがホームグランド、bar dropの11th Aniversary Partyが行なわれます。gakusとメッキーは欠席ですが、スズキさんがきっと盛り上げてくれるはず。ぜひぜひ遊びにきてください。

 ジャケは、かけそびれたRAMONES賛歌、DUSTINS BAR MITZBAH『TO THE RAMONES』。文句なしに大好きなシングルです。
[PR]

by clubheaven | 2006-03-19 23:59 | Event
2006年 03月 12日
heavenでした
c0057440_136157.jpgThe Flaming Lips/The Soft Bulletin[LP]

 3月のheaven、終わりました。コズミック☆エアプレインのポップなライブは、New Orderの"Krafty"のカヴァーもありで、楽しすぎ。フロアもずっと温かくて、2月の不調をいっぺんで吹き飛ばした感じ。来てくれたみなさん、ありがとうございました。
 今回は、外国人の女子ふたりが来てくれていました。外国人は積極的にリクエストしてくる人が多くて、やりすぎだろと思わないレベルだったら(以前、ブースの中に入ってきて、レコ箱をチェックされたことがある)、大歓迎なのです。で、女子二人組はかけてほしいバンドを5,6個書き記したメモを、ブース越しに手渡すという、なかなかの方法でリクエストをくれました。
 メモに書かれていたバンドの一つがFlaming Lips。本当に久しぶりにレコードバッグに忍ばせてきた"The Soft Bulletin"をターンテーブルに載せて、"Race For The Prize"を回しました。自分としてもすごく久々に聴いたんだけど、やっぱりイイ曲だ。

 あと、ソウマくんが回していたThe Scarlet Tuesdayの"A Perfect Quarter"がインディ臭くて、かなりヤバイ。探さねば!(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-03-12 13:18 | Event
2006年 03月 11日
何に心を奪われるか
c0057440_11503660.jpgGraham Coxon/Standing On My Own Again[7"]

 ニューアルバム"Love Travels At Illegal Speed"からのシングル。B面違いで2枚の7インチがリリースされていますが、僕はPart2しか手に入れられてません。
 それはともかく、タイトル曲の"Standing On My Own Again"、グレアムらしい乾いた肌触りと疾走感のある、とても好みの1曲でした。やっぱりこの人には、UKというよりはUSの匂いがする。ギターのザラリとしたカッティングの音とか、ドタドタしたドラムとか、サイコーです。オフィシャルサイトを見ると、アルバムのリリースは3月14日とのこと。楽しみ。
www.grahamcoxon.co.uk/

で、今日はheavenです。コズミック☆エアプレインのライブ付き。春らしい暖かな天気なので、みなさん出かけてきて下さい。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-03-11 11:59 | new
2006年 03月 04日
暖かい一日?
c0057440_1675686.jpgEels/Beautiful Freak[LP]

 忙しい時期が終わり、のんびりと家でEelsの昔のアルバムなぞを聴いています。僕は好きなバンドでも、楽曲をコンプリートしようという熱意に乏しくて、eelsはすごく好きな世界なのに、アルバムは2枚しか持ってない。でも、レコードに針を落としながら、公式サイトをふらふら見てたりすると、自分の中の空白を埋めたいという欲が、むくむくと大きくなってきます。Beautiful Freakの次のElectro-Shock Bluesとか、ジャケット素晴らしいので、アナログで持ってたいです。去年出たBlinking Lightsも、7inchは買ったけどアルバム未聴だもんなぁ。
Beautiful Freakのしみじみとした楽曲は、西日がさす僕の部屋には、いい具合でフィットしてます。アンプが壊れ気味でたまに音が途切れるんだけど、なんかそれもそれで雰囲気を演出してるので、放置。久々に家で煙草吸ってます。
ところで、下でソウマくんが紹介しているTHE CRIBSのTHE NEW FELLAS。アナログ、店頭に並び始めたみたいで(情報遅い?)。僕も買いましたが、素晴らしいアルバムでした。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-03-04 16:19 | recommended


    



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link