カテゴリ:Event( 71 )

2006年 10月 05日
【重要なお知らせ】club heavenは年内で一旦終了します
大変残念ですが、クラブ・ヘブンはマンスリー形態に終止符を打つことにしました。毎月第2土曜日が近づくと気持ちが高まってくる、そんなワクワク感を当たり前のように受け止めていた自分には、とてつもなく寂しいことです。一方で、“当たり前のように”なってしまったことへのもどかしさも、確かに自分の中でくすぶっていました。イベント一回一回の燃焼度や緊張感も以前より小さくなっているような気がして、それはヘブンに注ぎこむエネルギーを減少せざるをえない生活の変化に理由があるのかもしれません。ならば、一回一回の濃度を上げていく方がいいのではないかという結論に達し、現在の月一ペースを見直すことにしました。

ひとつ言っておきたいのは、ヘブンはこれで終わりではないということ。猛烈な寂しさを感じてはいるけれど、残り3回のDROPでの開催に、これまで以上に気持ちが盛り上がっているのも事実。こういうモチベーションの上がり方が今後の不定期ヘブンにあるといいな、と感じています。

 この11年間応援してくれた方々、本当にありがとうございました。ラスト3発、感謝を込めてがんばります!(ソウマ)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
今年の12月のheavenをもってドロップでの活動をしばらく、おやすみします。

いままでの思いをこうしてメッセージにするのって慣れてないから照れくさいです。酔っ払ってもいないし。

heavenではいつも酔っ払ってましたね。いっぱいドロップの榎本店長や田嶋さんに迷惑かけてました。

酔っ払っていない時もありましたよ、次の日朝から展示会の仕事ってことで、でもやっぱりおもしろくない、みんなグダグダしてるのに、自分だけグダグダできない。やっぱりheavenは酔っ払いが一番です! 酔っ払い天国です!

そろそろ本題に、ここまでheavenがやってこれたのは、ひとえにみんながいてくれたからです。hevenは楽しい! こう思ってくれるのがこちらとしても一番嬉しいし、自己満足DJだったらここまで、続けてこれなかったもんね。

ドロップでのheavenは10月、11月、12月とラスト3回ですが、まあいつものようなheavenをやりますよ、スズキくんのあの曲も聴きたいし、ソーマくんの曲で踊りたい!  そしてメキシコはあわわ、いまネタばらさなくてもいいよね!

ではみんな、ドロップで会いましょう!そしてまたどこかで再会しようね!
(super mexico-stone)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

レギュラーイベントとしてのheavenは今年いっぱいにする。これは7月の11周年パーティが終わったあたりで3人で話し合い、決定したことです。9月のPop iT!との対抗戦をフラットな形で楽しみたかったので、10月になるまでみなさんには伏せておくことにしました。そのため、唐突にネットで発表という不義理なカタチになってしまって、もうしわけないです。

1995年7月にスタートしたheavenは、翌年7月にメキシコ、ソウマ、スズキという現在のメンバーに落ち着いて、今まで約11年間、毎月やってくることができました。メッキーと出会ってheavenを始めてから、僕の環境は激変しました。ミュージシャンには至らないまでも音楽に対し積極的に関わるようになったし、単なるリスナーでは経験できなかったいろいろな感動や、たくさんの人との出会いがありました。

今では完全に生活の一部になったheavenですが、年月の経過とともにイベントが自動化しているような感覚が、最近では否めませんでした。いいレコードを買って、それをみんなと楽しみたくて、ハコを押さえて、宣伝をして、ドキドキしながら当日を迎える。そういう、いち音楽ファンとしてのイベントの楽しみ方を見つめ直すためにも、一度、レギュラーであることをやめようと。
全てこちらの事情ですが、長い間お世話になってきたdropサイドにも、承諾いただけました。

というわけで、しばしのお別れとなります。今まで本当にありがとうございました。
あと3回、がんばって盛り上げるので、よろしくお願いします!
とりあえず10月は、cleandistortionのライブとともに、ガツンと行きますよ(スズキ)
[PR]

by clubheaven | 2006-10-05 01:19 | Event
2006年 09月 30日
本日アウェー戦
c0057440_14163838.jpg ども、gakusです。というわけで、アッという間にアウェー戦の日到来。敵地とはいえ、毎年温かい空気で迎えてくれるPop it!の関係者の方々に感謝しつつ、ガシガシ盛り上げていこうと思います。ぜひぜひ遊びに来てください!

 それにしても最近もグッとくる新譜が多くて、あれもこれも紹介したいと思っているんですが、凄まじい速度で時間だけが経過してしまう。年齢のせいでしょうか…。それは置いておくとして、BLUETONES、久しぶりのシングル『My neighbour’s House』がとてもかっこいい。10年以上のキャリアの中で、もっとも若々しいナンバーなのでは…と思わせるロケンロー。さて、こっちも気合を入れて夜に臨むとします。
[PR]

by clubheaven | 2006-09-30 14:01 | Event
2006年 09月 10日
次はアウェー戦
c0057440_17524100.jpgInter/Speed Racer[7"]

 Pop iT!との対抗戦、ホームでの試合が終わりました。遊びに来てくれたみなさん、ありがとう。6人のDJが入れ替わりに登場して、新旧取り混ぜていろんな曲がかかって、僕的にはすごく楽しかったです。Pop iT!との交流戦は、いつもとは違う何かが起こる感じがします。
 写真のinterは、僕も久しぶりに持っていったんだけど、メキシコかQ'sくんに先に回されてしまいました。いや、悔しいとかじゃなくて、久々に持っていったネタが被るというのが、面白いのです。
 イベントが始まった時は、8月を休んだせいもあってなんとなく不安で、アルコールに逃げていたんですが、フロアが盛り上がっていくに連れて、いい酒に変わっていきました。トリの30分はかなり酔いが回ってる状態で、悪ノリしてしまいました(Planetの"Dog"を回したりとか)。
 TerryのDJを久々に聴けたり、Q'sくんがギターポップだったり、ダイチくんが初々しかったりと、Pop iT!チームのDJはやっぱり楽しいです。次回のアウェー戦は9月30日。僕はheavenのトップバッターなので、より好き勝手な方向に行ってみようかと思います。(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-09-10 18:08 | Event
2006年 07月 15日
日々学習
c0057440_2164315.jpg ども、gakusです。たいへん遅くなりましたが、先週末の11周年ヘブンに遊びにきてくれた皆様、本当にありがとうございました。たくさんの方に“おめでとう”の声をかけてもらい、またUTRECHTの気持ちのいいライブの祝福も受け、ヘブンはつくづく幸福なイベントだと感じました。いつまで続けられるのかわかりませんが、行けるところまで行くつもりで今後もガツガツと進んでいこうと思います。

 ちょっと興味深かったこと。帰りの電車でUTRECHTの義響君が“久しぶりにロックで踊ったので体が痛い”と。義響君は最近ダンス系のクラブでDJをしていて、ダンス・ミュージックとロックでは踊る際に使用する筋肉が違うと話してくれた。これはなるほど、と思わせるお話でした。確かに横ノリの音楽は自然と体が動くので、ダンサー・フレンドリー。夢中になるとタテノリのナンバーばかり連打してしまう自分の選曲について、もう少し考えた方がいいな、と思った次第です。 11年もやってるんなら、もっと早く気付けよ!といわれてもしょうがないんだけど、こんな風に本当にちょっとずつではありますが勉強しつつ進歩していければ…と、この先の抱負としてまとめてみました。

 ジャケは本日届いたRIFLESのニューシングル『SHE'S GOT STANDARDS』。7インチ2種とCDシングルが出ていますが、CDシングルのカップリングはなんとキュアーのカバー『IN BETWEEN DAYS』!これを7インチのフォーマットに入れてほしかったなあ…。
[PR]

by clubheaven | 2006-07-15 23:59 | Event
2006年 05月 14日
heavenでした
c0057440_2033344.jpgThe Pipettes/Your Kisses Are Wasted On Me[7"]

 遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。僕は今回も、新旧取り混ぜて、ガチャガチャとした選曲をやらせていただきました。新たに来てくれた人や、heavenで顔は見るけどまだ話をしたことがない人も多くて、もっといろいろな人に声をかけねば、と、終わった後に反省しました。とっちらかった選曲が特徴のイベントですが、面白い!と感じていただけたら、嬉しいです。
 ということで、Pipettesですが、やっぱりこの曲は楽しいね! 今回は、この曲からThe Bristols、Frank Popp Ensembleと、女性ヴォーカルのねばねば度が増していく感じでセレクトしてみました。3曲通すとバフーッという感じ。そんで懐かしのPOPINJAYSの“I'm a Believer”でガス抜きしてみました。POPINJAYSは針を落とすのも何年ぶりって感じ。まあとにかく少なくとも自分だけは、なまら盛り上がってたということです。
 後半には、石塚アニのヴォーカル・パフォーマンスもあり(飛び入り的に)。Gashを知らない人はびっくりしたと思うけど、ホントにいいバンドだったのです。いろんな人に支えられて、heavenはまもなく11周年です。次回はワールドカップど真ん中だから、サッカー選曲したいと思っちょります。じゃ、また1ヶ月後に!(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-05-14 20:47 | Event
2006年 04月 10日
春のヘブンでした
c0057440_422785.jpg ども、gakusです。先週末のヘブンに遊びにきてくれた皆様、ありがとうございました! 最初はノリがつかめず四苦八苦しましたが、後半でなんとか盛り返したかな、と。おかげさまで楽しくプレイできました。感謝。

 今月はDVDでカースティ・マッコールの『NEW ENGLAND』をプレイ。カースティのふっくらしたビジュアルを見せるのどうかな、という迷いもありましたが、笑顔控えめのクールな雰囲気も捨て難く、かけてみました。この他に自分は『YOU JUST HAVEN'T EARNED YET BABY』もプレイ。スズキさんもワンダー・スタッフの『WELCOME TO THE CHEAP SEATS』(KIRSTY参加)をかけていたので、この夜は都合3回カースティのボーカルを聴いたことになる。

 カースティはUKインディーズとのかかわりも深く、夫のスティーブ・リリーホワイトのプロデュース作品を中心に、バックボーカルとして意外なところでちょくちょく声を聞かせています。先のWONDER STUFFの他にヘブンとかぶるところでは、SMITHS『ASK』、HAPPY MONDAYS『HALLELUJA』、TOT TAYLORTHE GIRL WITH EVERYTHING』、MORRISSEY『INTERESTING DRUG』、POGUES『IF I SHOULD FALL FROM GRACE WITH GOD』あたりでしょうか。ピンのシンガーとしても魅力的な人ですが、これらの曲でも清涼剤のような効果を発揮して、曲の印象度を高めています。ホント、大好き。以下のブログにもカースティについて記しているので、ご一読を。
http://d.hatena.ne.jp/gakus/20060409

 で、ジャケはカースティとは何の関係もないTHE FRATILLESの『CREEPING UP THE BACKSTAIRS』。これはヘブン当日に航空便で届いた3曲入り7インチですが、どれもメチャクチャよくて、さっそくタイトル曲をこの夜かけてみました。あと2日早く届いていたら、今月のヘブンCDRに入れられたんだけど…。
[PR]

by clubheaven | 2006-04-10 23:59 | Event
2006年 04月 07日
昨日より若く
c0057440_6122210.jpg ども、gakusです。先週末、ポール・ウェラーのライブに行ってきました。バンド形態、フルセットで見るのはおそらく6年ぶり。一昨年のロックオデッセイ出演時にはジャムやスタカンの曲もやってたから予想はしていたけれど、今回もJAMの曲を3曲ほどまじえておりました。が、どれも懐メロに響くはずもなく、新曲と並べて遜色なし。『RUNNING ON THE SPOT』なんて、JAMのころよりテンポアップしている! 感性の若々しさや今と向き合う真摯な姿勢は、見習いたい…というか、どうせ中年になるならこうなりたいとつくづく思いました。5月31日にはライブ盤も発売されるとのこと。

 さて、明日はヘブンです。ウェラー師匠はもちろん、モッド関連、ドラマーが急逝してしまったワンダー・スタッフ、来日公演を好評のうちに終えたアークティック・モンキーズをはじめとするメジャーな新顔からこれから伸びそうな新人さん、また、ちょっと珍しいビデオなど、いろいろと鳴らしてみようと思っています。お時間あれば、ぜひ遊びにきてください。
[PR]

by clubheaven | 2006-04-07 23:59 | Event
2006年 03月 19日
春、か。
c0057440_1363138.jpg ども、gakusです。暖かくなってきました。ヘブンを終えて外に出ると空が白々と明けている。春を実感します。

 あ、もう一週間も経過してしまいましたが、今月もヘブンに遊びにきていただき、ありがとうございました。思い返せば、いつもよりソフトな選曲だったなあ。BUZZCOKSやTOY DOLLS、ASH、最近のではDUSTINS BAR MITZBAHあたりのパンキッシュなナンバーの流れも考えていたけれど、フロアの反応をみて今月は封印しました。スズキさんが下に書いてますが、外国人の方がくれたリクエストがギタポ寄りだったこともあるけれど、まあ春っぽいし、これはこれでいいかな、と。そうそう、コズミック☆エアプレインのライブもよかったー。大好きな音でした。

 さてさて、明日・20日は我らがホームグランド、bar dropの11th Aniversary Partyが行なわれます。gakusとメッキーは欠席ですが、スズキさんがきっと盛り上げてくれるはず。ぜひぜひ遊びにきてください。

 ジャケは、かけそびれたRAMONES賛歌、DUSTINS BAR MITZBAH『TO THE RAMONES』。文句なしに大好きなシングルです。
[PR]

by clubheaven | 2006-03-19 23:59 | Event
2006年 03月 12日
heavenでした
c0057440_136157.jpgThe Flaming Lips/The Soft Bulletin[LP]

 3月のheaven、終わりました。コズミック☆エアプレインのポップなライブは、New Orderの"Krafty"のカヴァーもありで、楽しすぎ。フロアもずっと温かくて、2月の不調をいっぺんで吹き飛ばした感じ。来てくれたみなさん、ありがとうございました。
 今回は、外国人の女子ふたりが来てくれていました。外国人は積極的にリクエストしてくる人が多くて、やりすぎだろと思わないレベルだったら(以前、ブースの中に入ってきて、レコ箱をチェックされたことがある)、大歓迎なのです。で、女子二人組はかけてほしいバンドを5,6個書き記したメモを、ブース越しに手渡すという、なかなかの方法でリクエストをくれました。
 メモに書かれていたバンドの一つがFlaming Lips。本当に久しぶりにレコードバッグに忍ばせてきた"The Soft Bulletin"をターンテーブルに載せて、"Race For The Prize"を回しました。自分としてもすごく久々に聴いたんだけど、やっぱりイイ曲だ。

 あと、ソウマくんが回していたThe Scarlet Tuesdayの"A Perfect Quarter"がインディ臭くて、かなりヤバイ。探さねば!(suzuki)
[PR]

by clubheaven | 2006-03-12 13:18 | Event
2006年 02月 11日
本日ヘブンです
c0057440_5414934.jpg ども、gakusです。あっという間に今年2度目のヘブン。まだ年が明けたばかりのような気がしているのは大問題だよなあ…。

 最近シングルに当たりが多いよね、なんてことをスズキさんとよく話すんだけど、この一年ぐらい確かにインディーモノは好調で、ヘブンでかかる曲も新譜の比重が多くなっているような気がする。毎月配布しているCDRを作るときも、最近はセレクトに頭を悩ませます。コレも入れたい、アレも入れたい…そんな感じで、毎月こぼれてしまうものも結構あって、今月はSUNSHINE UNDERGROUD『COMMERCIAL BREAKDOWN』(スゴく好きなんだけど、他でも盛り上がってそうだし・・・画像はこのジャケ)、PROTOCOL『WHER'S THE PLEASURE?』(コレは最後まで迷いました。キャッチー!)、SING-SING『COME, SING ME A SONG』(LUSHのエマちゃんのバンド。ミドルテンポだから、まあいいか…と言い聞かせつつ)がアウト。次回入れようと思ってると、結局、新しいモノに押されてしまう…なんてことが毎月の如しです。

 というわけで、今回入れたのは民謡風マンチェから爆走ポップ、ヘブン向きのギタポ・ナンバーと多彩。リリース後一ヶ月足らずでソールドアウトになったらしいウワサのRUMBLE STRIPSも入れてみました。そんなワケで、まだまだ寒いですが、お時間のある方はぜひぜひ遊びにきてください!
[PR]

by clubheaven | 2006-02-11 05:42 | Event


    



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link