2006年 01月 29日
CRIBS!
c0057440_23585471.jpgども、gakusです。前回の日記、無署名ですが私が書きました。失礼しました。それはともかく、先週THE CRIBSの来日公演を観てきたので、感想をばツラツラと。

クアトロに入ったら、スターシップ、ベルリン、バングルズ等の80’sコンピのようなSEが流れていて、会場を間違えたかなと一瞬不安に陥るも、“MIRROR KISSERS”のイントロが鳴ったら、そんなことは忘れてしまいました。CRIBSは初めて観るんだけど、メンバーは3人ともラフな格好でガタイもよい。遠目だったので判然としないが、ギターの兄ちゃんは向こうの肉体労働者の方がよく着ているフロントの上部だけが開いたシャツを着ていて、“昼炭鉱で働いて、そのまま演奏しに来ました”というような感じ。その気取りのなさが、サウンドと同様に親しみが持てる。

同じ曲でもリズムが変わるとビートの速度も変化して、早くなったり遅くなったりするので、CDで聴のと比べてなんだか踊りにくいなあと思ったけど、それでも3人の息はピッタリで一体感がある。多くのナンバーのサビはギター&ベースが全力合唱。“WHAT ABOUT ME”のかけあいには、かなりゾクゾクさせられました。

“HEY SCENESTERS!”“ANOTHER NUMBER”“BABY DON’T SWEAT”“THE WRONG WAY TO BE”と後半一気に駆け抜けてライブは終了。アンコールはナシで、昨年出た傑作アルバム『THE NEW FELLAS』のタイトル曲が聴けなかったのは心残りだが、それを除けば大満足。また来たら、きっと行くと思う。

ところで、『THE NEW FELLAS』にはヘブンでかけたい曲がけっこう入っているんだけど、アナログが出ていないのが痛いところで、アナログの比重が多いその場の思いつき選曲をしていると、かけるのをつい忘れてしまったりする。が、ついに2月13日、このアナログがUKリリース! 同日にはCDもボーナスDVD付きで再発売される。

ちなみにこの日UKでは、これまた来日が決定したPAUL WELLER先生の『AS IS NOW』がボーナスディスク付の再リリースも決定。もう、金がいくらあっても足りねー。
[PR]

by clubheaven | 2006-01-29 23:59 | Event


<< 本日ヘブンです      楽しいこと・悲しいこと >>



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link