2005年 08月 03日
NWの夜明け
c0057440_13204114.jpgども、gakus(ソウマ)です。フジロックは行けなかったけれど、アフターこと、THE DAWN OF NEW WAVE Vol.2&3に行って参りました。旬のアーティストがまとめて見れるということで楽しみでしたが、どれもなかなか。以下、簡単に各アーティストの感想をば。

★THE BLACK VELVETS
バキバキのハードロックで、UKらしい屈折したところを感じさせない人たちでした。シンセを抜いたデフレパードがブギーをやり始めたら、こんな感じか!? CDで聴くよりもボーカルがずっとパワフル。パワーで押すパフォーマンスなので直線的ゆえの飽きも正直感じたが、演奏はどのバンドよりもうまかった。が、カイザーやブレイヴァリーの幅のあるパフォーマンスに比べると、旗色は悪かったなあ。今回の顔ぶれで並べるのは、ちょっと気の毒だったかも。

★KAISER CHIEFS
正直、今回の顔ぶれの中では期待値が低かったが、これがスゴい! ボーカル君が飛ぶわ走るわダイブするわで盛り上げ、もちろん歌もしっかり聴かせる。中盤で切り札の『I PREDICT A RIOT』を出してしまい、その後アルバムで聴くぶんにはユルい曲が続いたが、それでもしっかり盛り上げるのは、ライブが本領であることの証明ではないか、と。あまり好きではない『OH MY GOD』で大合唱になるとは思ってもいませんでした。勢いのある時期のバンドの、凄みを遺憾なく見せ付けた感あり。

★BRAVERY
これだけ盛り上げたカイザーの後ではツラかろう…と思ったものの、ボーカル&ベースがハッチャケて、かなりがんばっていました。レコードで聴くと、あのピコピコしたサウンドが時に軽く聴こえたりもするが、ここでは腰の据わった演奏を披露。中盤で、きたきた、『PLANET EARTH』…じゃなくて『HONEST MISTAKE』!ここでかなり盛り上がり、『UNCONDITIONAL』を経て『FEARESS』で締め。最近のバンドはラップトップも楽器と化しているようで、途中で誤作動を起こしたのか演奏の手出しに失敗する場面も。キーボードのお兄ちゃんが必死にラップトップのキーをいじってる姿は、現代ならではの風景ですな。とにかく、ライブバンドとしての実力は出し切ったと思う。どうでもいいけど、ギタリストのギターの持ち方はイマイチ、かっこ悪いぞ。

★GO! TEAM
今回のベストと思えるライブ・アクト。レコードで聴くと存在感がほとんどないVo.のお姉ちゃんが大活躍で、オーディエンスを煽る、煽る。ベーシックなバンド編成プラス、リコーダーやハーモニカのかわいらしく切ないフレーズをしっかり押し出して、見事に躍らせてくれました。『PANTHER DASH』『GET IT TOGETHER』の攻撃的なリズムに腰をやられ、『EVERYONE'S A VIP TO SOMEONE』では泣かされた。ラストの『LADY FLASH』の心地よいグルーヴは終わるのが惜しいくらい。タイトル未定の新曲(公式サイトで曲名募集してるそうです)もオリエンタルな雰囲気で、いい感じ。また、観たい!

★MAGIC NUMBERS
1960年代のフォーク村からママス&パパスがアコギをエレクトリックに持ち替えて、タイムスリップしてきたような…。とにかく、よくまとまっているバンドで、歌心もある。立派な体格に似合わない(?)、お姉ちゃん二人のキュートなコーラスがうまく決まっていました。『FOREVER LOST』もいい曲であることを再確認したが、アルバム一曲目の『MORNINGS ELEVEN』の抑揚のある演奏も捨て難い。何というか、ホンワカした空間が出来上がっていました。

★THE FUTUREHEADS
今回もっとも観たかったバンド。どの曲もスピード感満点だが、演奏の軸がブレることなく、4人の結束力を嫌というほど見せつけられる。『ROBOT』『A TO B』『MEANTIME』の3連発でぶっ飛ばされ、レコーディング・バージョン以上に加速がついた『FIRST DAY』に振り回される。『HOUNDS OF LOVE』では客席を半分に分け“あっおっお”と“おっお”を合唱させるパフォーマンス。これは盛り上がりました。本編最後の『MAN RAY』、アンコールの『PIECE OF CLAP』でとどめを刺される。考えてみると、もろにパンキッシュなバンドは、今回の顔ぶれではコレだけ。他のバンドが持ち時間内で10曲弱のセットを組んでいたのに対し、このバンドはアンコールを除いても十数曲はやっていたと思う。

 こうやってみると今UKで盛り上がってる音楽は充実しているなあと、つくづく感じる。いろんなベクトルからタイプの異なるバンドが出てきて、アメリカの若いバンドも受け入れられ、シーン的には本当に面白い。レコ屋で、ついつい散財するのもやむなしかなあ…。
[PR]

by clubheaven | 2005-08-03 13:21 | Event


<< 夏だ、アホになろう      最近の7インチ >>



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link