2005年 03月 29日
Lemon Jelly at 渋谷AX
c0057440_2404310.jpg 棚ボタみたいなカタチで、行ってきました、Lemon Jelly。フロアはほとんどいっぱいで、小ぎれいな若者が多く、どことなく上品な雰囲気。ライブ前に、犯人探し?のミニゲームがあったりして、楽しい雰囲気を演出して、さあ、始まるぞという時に、機材トラブル発生。結局、ライブは予定の1時間50分遅れで始まったのでした。一人で行ったから、かなり時間つぶすのは辛かった。たぶん、あのフロアにいた人たちの中でも、真剣にDJのプレイ聴いていた数少ない一人だと思う。

 さて、ステージには中央にでっかいシンセのテーブル(これが壊れたっぽい)がドンと座っていて、あとはターンテーブルやら、エレクトリックチェロやら、コンガやら、キーボードやら、何本かのギターやらがセッティングされている。ニックとフレッドが中央のシンセを使って、何人かのサポートが出てくるものだと思っていたら、結局、最初から最後まで、二人だけでそれら全ての楽器を使ってライブをやってました(主にフレッドがステージ左側の、ニックが右側の楽器を担当)。

 なので、ステージの人口密度の低さを埋めるためにも、照明はかなり派手(テクノ系の人たちには普通なのかもしれないけど、僕は、生音のライブしか行ったことないので、めちゃめちゃ派手に感じた)。反面、ステージの後方に大きなスクリーンがあって、アルバムの全ての曲にPVを作ってCDに付けた人たちだから、ほとんどの曲に映像が付くのではと思っていたけど、全体の半分くらいで、これは意外でした。

 曲は、どの曲もCDとは違って、ガンガン踊れるリミックスに。アルバム'64-'95からの曲はほとんどやってました。でも一番盛り上がったのは、前のアルバムのNice Weather For The Ducks! まあ、CM曲だし、歌モノで親しみやすいし、当然と言えば当然でしょう。この曲の時、フロア中央で、女の子が肩車されて踊ってたんですけど、照明によってその姿がシルエットになってて、踊りもうまかったし、楽しんでる感が嫌みなく伝わってきて、ほのぼのしました。

 最後はアンコールもなく、終了。シンセとかサンプラーが主役のライブって、初めて見たけど、けっこうロック的なアプローチの曲も多かったし、MCは陽気だし(途中でお菓子をフロアにばら撒いたり)、ハンドメイドな映像も楽しいしで、あっという間の1時間20分(ぐらいか?)でした。

という感じの文章を、もっときちんとした感想を添えて書く仕事が、来月頭には待っています。一週間後のオレ、がんばれよ、と。(suzuki)

あ、写真は、Tシャツの袋にプリントされてあったロゴです。TシャツはキッズのMを買ったんだけど、家で着てみたら、小さすぎて妙な人になってしまった。欲しい人いますか?
[PR]

by clubheaven | 2005-03-29 02:40 | Event


<< BECKでリハビリ      あなた達でしたか >>



Our Club

■indie pop, UK rock中心のDJイベント
next→2010.2.20
DJ:super mexico-stone,
soma,suzuki
at 下北沢CLUB251
2,000yen(1d)/start 23:00
archive | mail


hopeless case
120% pure indie pop!
at Edge End
800yen(1d)/start 20:00
DJ:marr,u-ka,あお,suzuki
next→2.3 wed.
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Link